限られた食材をどうにか美味しく食べようと、努力を惜しまなかった先人たち。だからこそ、バリエーション豊富で繊細な味にもとことんこだわった「和食」が世界で認められているのかもしれませんね。
ちょっぴり正気の沙汰とは思えない(笑)、「日本人のなんでも食べちゃう精神」ですが、食材を大切にする気持ちには、日本人として誇りを持てますね!