海外「日本は今でも帝国なのか」 天皇陛下が世界唯一の皇帝である事実に驚きの声

…配信元を読む

現在世界には王室が存在する国が27カ国存在していますが、
その中で唯一日本だけが、皇室を戴いています。
“皇”室であるため、英語では「”Imperial” House」と訳され、
その認識が正しいか否かはともかく、天皇は「Emperor」と訳されます。

皇室の存在が唯一無二である以上、自然「Emperor」の存在も唯一無二。
翻訳元ではその事が、つまり今上陛下がこの世界でただ一人の、
「Emperor」であられることが、下の画像とともに紹介されています。
投稿には海外から多くの反応が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

海外「唯一のエンペラーだし」 海外訪問中の両陛下の車列が物凄い

11895163_1216190768406585_8497489277041601079_o.jpg


 

翻訳元

■ 世界で唯一の皇帝か〜。唯一っていうのが良いな。 +3 パラグアイ

■ そうなると現状この人がラストエンペラーなのね😲 中国

■ 古代から今の今まで残ってるのがすごい!!!!! チリ

■ 日本は伝統と規律と敬意の国だからね!!!!! +1 アメリカ

■ 今の時代に皇帝って、ディズニーとかの世界みたいじゃん。 国籍不明

■ 日本には数千年単位の伝統が今も息づいている……! +1 メキシコ

■ 実際の役割は「皇帝」ではないんだけどな。 アメリカ

■ 一人でも世界に皇帝が残ってるのは私的には嬉しい事実! スペイン

■ それじゃあ何がなんとしても守っていかないと……!! アルゼンチン

海外「この伝統を死守してくれ」 天皇即位の礼の光景に外国人が感嘆

■ 伝統的な衣装を着てくれたらありがたみが増す気がする。 国籍不明

■ えっ、過去形じゃなくて、今でも日本に存在してるの? チリ

■ 映画の世界の話みたいで素敵!!!!! スペイン

■ 今の時代に皇帝なんて、時代錯誤もいいとこだろうに……。 国籍不明

■ 王室に文句を言ってるヤツは何なの?
彼らにとっては文化であって、残したいから残してるんだ。
王室が残ってる国は発展した国ばかりじゃないか。 +12 アメリカ

■ 良いとか悪いとか、そういうことじゃないでしょ。
単純に伝統だから残してるわけで。 国籍不明

■ 19世紀くらいまでは皇帝がいる国が結構あったんだよな。 メキシコ

「まさかこんな繋がりが…」 親日国エチオピアと日本の歴史秘話に驚きの声

■ だけど日本の皇帝には権威しかない。
権力を握ってるのは政府だから……。
古い文化が現代にも残ってる日本のことが大好き❤️ エクアドル

■ それなら「The Emperor」でいいわけね。 +1 ベルギー

■ と言うことはつまり、日本は今でも帝国なのか。 +2 ペルー

■ お2人はたしか、かなりお若い頃に結婚されたはずだけど、
年齢を重ねるごとに素敵なご夫妻になっていってますね。 コロンビア

■ 日本は多くの文化と伝統が残る大国だ。
でもそれは国民が国の発展のために尽力してきた結果だろ。
皇帝、女王、王、大統領と言った人たちは、
国の発展とかには一切関係がない。 +53 メキシコ

■ 国家元首は大抵その国の社会を反映してるぞ。 +4 ハンガリー

■ 今でも王室が存在することにケチをつけてる人がいるけど、
日本の皇室は日本の文化や歴史の象徴であり、
日本と日本人のルーツでもあるわけ。
伝統を保持し続けたことを日本人は誇りに思ってるの。
仕事面でも教育面でも精神面でも優秀な国にどうこう言うべきじゃない!
自分たちのルーツを大事にするのは、
私たちが絶対に疎かにしてはいけないことでしょ!! +22 国籍不明

海外「日本人の顔が多様なのも納得」 『大和民族のルーツ』が台湾で大反響

■ 皇帝ペンギンさんのことをお忘れじゃないか? +5 国籍不明

■ 個人的には王室・皇室には否定的。
だって人間は誰だって平等なはずでしょ😁 エクアドル

■ 皇帝とか、めちゃくちゃカッコイイやんけ! コロンビア

■ 天皇陛下は優雅で、いつだって慎ましいお方だ😌 カナダ

■ 2015年の今に王や女王や皇帝が存在するなんてアメージングだね。
子供の頃に読んでた童話の世界みたい。 +9 ボリビア

■ たしかテレビカメラの前で国民にメッセージを送るのは稀で、
2011年の大震災の時が初めてだったんだよ。 国籍不明

海外「まさに国家の象徴だ」 『平成の玉音放送』に対する外国人の反応

■ 俺の記憶に間違いがなければ、昔の日本はいくつかの国に分かれていて、
争いに勝って日本を統一した人が皇帝になったんじゃなかった? チリ

■ 違う、争ってたのはショウグンになろうとしていた人たち。
日本の皇帝は神聖な権威で、欧州の教皇みたいなもの。 スペイン

■ 日本は規律と伝統を残し続けている唯一の国。
そんな国が科学技術では世界最先端ときてやがる。 +41 国籍不明

■ 「エンペラー」は大変名誉ある称号だけど、
日本の天皇にはその称号に見合うだけの価値がある! スペイン

■ 日本は文化の宝庫。
自分たちのルーツとこれからやってくる未来を、
ずっと大切に守っていって欲しいなぁ。 +193 メキシコ

 

剣道をオリンピック種目に?反対意見が多いのはなぜ?

…配信元を読む

実は私も若い頃は剣道がオリンピック種目になっていないことを残念に思っていたのですが、今では剣道をオリンピック種目にするということには反対です。

剣道はオリンピック種目にならない

色々な意見があると思いますが、恐らくこれからも剣道という種目はオリンピック種目にはならないと思います。未来のことはわかりませんが、今のところはそういう流れですね。

そこで、今日は

剣道が今後もオリンピック種目にならないであろう理由

について考えてみたいと思います。オリンピック種目になるということはメリットもあればデメリットもありますよね。今のところ、反対意見の方が多いということですが、あなたは如何思われますか?一度じっくり考えてみましょう。

オリンピック競技種目のメリットとデメリット

剣道愛好家の中でオリンピック種目にしたいと考える人は少数派だと考えていましたが、中にはオリンピック推奨派も居られます。動画の後半部分をご覧ください。

確かに、剣道競技がオリンピック種目に登録されれば多くのメリットがあります。例えば・・・

オリンピック種目のメリット
  • 競技人口が増える
  • お金が回る

オリンピック種目に登録されるというだけで、多くのメディアに取り上げられることになり、それだけ剣道というマイナーな競技も露出が増えます。となると、やはりスポンサーなんかがつきますよね。

最終的には剣道連盟が潤うと言うことに繋がります。そして、勿論世界的にも普及しますし、剣道を取り巻く環境も改善されることに繋がるでしょう。

しかし、剣道をオリンピック種目にするということへの反対意見が多いのはどうしてでしょうか。それは、メリットよりもデメリットが多いからだと考えます。

では、その反対意見を挙げてみましょう。

オリンピック反対派の意見
  1. 武道としての特性が失われる
    • 勝利至上主義
    • 商業主義
    • 礼節を重んじない
  2. 競技人口が少ない
    • 世界各国で剣道具を調達するのが難しい
    • 競技場が確保できない
  3. ルールが解り辛い
    • 勝敗が解り難い
    • 審判員のレベルが低い
    • 国際化により規則が変わる可能性がある

では、もう少し詳しく見て行きましょう。

オリンピック種目になれば武道としての特性が失われる?

全日本剣道連盟が剣道をオリンピック種目反対の最も大きな理由が

オリンピック種目になれば剣道が武道としての特性を失ってしまうのではないか

というところです。現在の剣道はやはり武道というよりもスポーツに偏り勝ちな部分が多いですよね。小学生にしても、中体連、高体連にしても、試合に勝つことに重きを置いている団体というのは多いのではないでしょうか。

しかし、まだ日本国内で行っている分には日本という土地柄と言うか、文化的な部分が多いので大きな問題というのは起こりませんよね。

それが国際化となった場合にはどうでしょうか。数年前の剣道世界選手権の映像を見たことがある方も多いと思いますが、試合を終えてから礼をしない団体があったり、審判員の判定に明らかに不服そうな態度を取ったりと目に余るところがありました。

前回の日本で開催された時にはそこまで酷い状態ではありませんでしたので、少しずつ改善されているようにも思えますが、これがオリンピックとなればどうでしょうか。

正面に礼

剣道がKENDOになり、どんどん一人歩きしてしまう。その結果として礼節なんてどこ吹く風・・・となってしまっては困りますよね。

剣道の場合、勝てばスポンサーから賞金が貰えるなんてことは絶対にありえません。しかし、オリンピック種目になることで、いつしかそんなことになるのではないでしょうか。

勝てばいい。

武道っていうのはそういうものではありませんよね。剣道愛好家なら理解して頂けると思います。

ですから、そう言う部分を大事にしていきたいという思いが強いというのが全日本剣道連盟がオリンピックに反対している最大の理由だと思います。

では、根本的にオリンピック種目になる条件は満たされているのでしょうか?

競技人口が少ない!オリンピック種目にはどのくらい必要?

実は、剣道人口というのは意外と多いことで知られていますよね。よく比較されるのが柔道です。

  • 全日本柔道連盟・・・登録者数20万人
  • 全日本剣道連盟・・・登録者数166万人

色々な文献を見ていると、国内の剣道人口は柔道人口の約10倍と書かれているところもあります。ちなみに、柔道に関して言えば、フランスの柔道人口は日本よりはるかに多い60万人だとか。凄いですね。

では、国際的な剣道人口はどうでしょうか。

国旗

国際剣道連盟(FIK)が設立されたのが1970年。今では57か国が加盟しています。2014年のデータでは、全世界の剣道人口は約250万人。結構多いですよね。

これだけ剣道が国際的に普及しているならオリンピック種目として登録されても問題が無さそうな気がしますが、オリンピック協会の取り決めはどうなっているのでしょうか。

夏季オリンピックの競技は、男子では4大陸75カ国以上、女子では3大陸40カ国以上で広く行われている競技のみ。

75か国以上で行われている競技という部分、微妙にアウトですよね。でも、本気でオリンピック種目として登録したいなら、普及活動に少し力を入れれば可能な数字のように思えます。

ちなみに、空手が行われているのは169か国ということなので、空手と比較すると剣道はまだまだという感じがします。

剣道が普及し難い理由としては、

  • 道具が必要
  • 剣道できる場所が必要

というところでしょう。場所に関しては、基本的にどこでも可能と言えば可能ですが、実際にオリンピックを開催するとなると、難しいのではないでしょうか。

大きな問題は道具ですね。竹刀や防具。道具が必要な競技は普及が難しいと言われていますが、その点でも柔道や空手に比べハードルが高くなりますよね。

そして、ルールが解り辛いという点もまた問題です。

ルールが解り辛いのは大きな問題!

剣道のルールは非常に難しいです。

試合審判規則の薄っぺらい小さな本を何度読んでも覚えられません。そして、咄嗟の判断に迷うことも多くあります。

全日本剣道選手権大会のテレビ中継なんかを見ていても、有効打突の見極めが難しいという場面は多々ありますよね。非常に難しいです。

Ippon

一本が入った後でビデオのスロー再生・・・

これ、一本入ったけど、当たってないよね。

なんてことも良くある話です。剣道における有効打突というのは、当たったかどうかというのが重要ではないように思います。それよりも重要なのは打つ前、それから打った後ですよね。

ですから、そのことが理解できなければ、もしもオリンピック種目になったとしても大きな問題となるでしょう。

そして、ルール改正、ルール改正・・・

幾度のルール改正を経て、武道精神はどこかへ行ってしまうように思えてなりません。この辺りも非常に難しい問題です。

オリンピックを見ていると、ルール改正が頻繁に行われていることに気が付きますよね。どこかの国が有利に見えれば、それを抑える為のルール改正をされます。それでいいのでしょうか。

また、審判員の質という部分についても難しいと思います。オリンピックとなると、審判員が日本人ばかり、日系人ばかりになることはないでしょう。しかし、質の高い剣道の審判ができる人を探すだけでも大変ではないでしょうか。

まとめ

今日は、剣道がオリンピック種目に!という反対意見について考えてみました。

では、ここで話をまとめてみましょう。

五輪

オリンピックと言えば、『参加することに意義がある』と言われましたが、実際そうじゃないですよね。どこの国でも勝つことを第一の目的として掲げているでしょう。

剣道は勝つことが目的ではありません。剣道の目的は人間形成です。

つまり、オリンピックの本質と剣道の本質が合わないということになります。

本当の意味のオリンピックなら問題が無いでしょう。しかし、現代におけるオリンピックはそうではありません。卓球の福原愛選手も「メダルを取らなきゃ意味が無い」とまで言っておられます。

実は、嘗ては剣道連盟も剣道競技をオリンピック種目にするということで働きかけていたそうです。しかし、今となっては反対の意見となっています。

これは私の推測ですが、先陣を切ってオリンピック競技になった柔道が歩んだ道を見ることで剣道関係者は考えを踏みとどまったのではないでしょうか。

個人的には日本の武道としての柔道は国際的なJUDOと似て非なる物という感覚です。柔道のことは詳しくわからないのですが、恐らく国内の大会と国際大会では雰囲気も技の質も違うのではないでしょうか。

剣道における全日本剣道選手権大会と世界選手権が全く違うように。

剣道が「より速く!より高く!より遠くへ!」という競技だったら良かったのかもしれませんね。面白味はないかもしれませんが・・・

Comment

  1. 剣道未経験者 より:

    わたしはオリンピック競技にすることに賛成です。

    息子2人が剣道をやっていて、オリンピックで剣道を見たいと言っています。
    剣道の格式や伝統を重んじる姿勢は理解できますが、もっと幅広い人に剣道を楽しんでもらいたいと思います。

    • 野川 より:

      剣道未経験者さん
      コメントありがとうございます。
      オリンピックで剣道が見たいという気持ちはとてもよくわかります。私自身も現在の日本の剣道がそのままであれば賛成です。

      しかし、剣道未経験者さんも剣道の試合を見ていてお分かりいただけると思いますが、試合の判定がかなり曖昧だと感じることはないでしょうか?
      オリンピック種目となるには、その曖昧な部分を誰が見てもわかるようにしなければならないと思います。この問題は簡単には乗り越えられないのではないでしょうか。

      更に、現在では隣の国で勝手なルール改正が行われ、我々からすると「?」な部分が多々見受けられます。蹲踞もしない剣道ってどうなの?って感じです。
      オリンピック競技になるということはそういう部分も受け入れなければならないということではないでしょうか。

  2. ナルト より:

    やはり剣道がオリンピックなどで取り上げられるとしたら、ビデオ判定などが取り上げられて一本に対する基準もかなり変わってしまうのでしょうか。

    • 野川 より:

      ナルトさん、コメントありがとうございます。

      ビデオ判定が取り入れられる可能性もあると思います。そうなれば審判員は要らないということになるかもしれませんね。
      でも、そんなのが剣道なのか・・・という疑問が湧くことになるでしょう。

  3. zoe より:

    剣道は剣道の本来の姿を守り続けてほしい。
    私は小学、中学と剣道やっていました。どうしてオリンピックがないのかと不思議でした。オリンピックがあれば、目指すところがあればと思っていました。
    しかし、時が経った今なら反対される気持ちがわかります。剣道の本質は勝ち負けではない。精神の鍛錬、身体の鍛錬、礼節を重んじる人間形成こそが本質。
    ですが、私の地域では教える方も親も子供も、勝敗により趣きを置いていたように思えます。
    私が育った地域は街全体で剣道が盛んでした。そんな盛んな地域でも剣道の本質を子供たちに伝えられていない現実があります。
    オリンピックで柔道選手が派手にガッツポーズをする姿を目にすると、残念な気持ちにもなります。
    抑えられない気持ちはわかりますが、せめて畳の上にいる間はひかえてもらいたいものです。
    武道をやったことがある方ならこの気持ちはわかると思います。
    武道はスポーツでは決してないのです。
    スポーツが悪いと言っているのではありません。
    スポーツにはスポーツの、武道には武道の良さがあるということを理解してもらいたいですね。
    スポーツとして世界に広めていくことに価値があるように、武道という文化を守ることにも同じように価値があると思います。
    武道の本質が世界に広がっていくことを期待しています。

    • 野川 より:

      zoeさん、コメントありがとうございました。
      全く同意見です。

      しかしながら、子供に対して勝ち負け以外のことをきちんと教えるということは難しいですね。逆に、勝敗が最も解り易いので、結局保護者も指導者もそうなってしまうのかもしれません。
      勝敗に拘ることが修行に繋がるのかなぁとも考えます。自問自答の毎日です。

海外で不思議がられる、東京に住む人の暮らし3選〜 幸せに感じる人は40%?〜

日本のような島国に住んでいると、ときどき外国人の日本人評に驚かされてしまいますよね? 「ええ、それって普通じゃないの?」とびっくりしてしまった経験、きっと一度くらいはあるはずです。

海外で不思議がられる・・・東京に住む人々の共通点3選

そこで今回は日本総合研究所がまとめた「2015年度アジア主要都市コンシューマインサイト比較調査」を参考に、アジアの大都市と東京に暮らす人々が、生活面や意識においてどれだけ違っているかをまとめます。

上述の調査は、東京を含んだアジアの主要13都市に住む中間層の男女合計7,000人近くを対象に行われています。対象年齢は20代から40代。各都市に 暮らす人の生活の実態を取りまとめたインターネット調査の中から特徴的なポイントを厳選してまとめましたので、ぜひともチェックしてみてくださいね。

 

1:東京では一人暮らしが圧倒的に多い

海外で不思議がられる・・・東京に住む人々の共通点3選

この記事を読んでいる人の中には、東京で一人暮らしをしている人も少なくないはずです。しかし実はアジアの大都市では一人暮らしは“普通ではない”と分かります。

冒頭の調査には「一緒にお住いの人数は?」との問いがありますが、「一人暮らし」と答えた人の割合は、

北京(中国)・・・3%
上海(中国)・・・2%
広州(中国)・・・1%
デリー(インド)・・・0%
ムンバイ(インド)・・・0%
ジャカルタ(インドネシア)・・・1%
ハノイ(ベトナム)・・・1%
ホーチミン(ベトナム)・・・1%

などと、どのアジアの大都市もほとんど0%に近いと分かります。若干高かった街として、

クアラルンプール(マレーシア)・・・4%
バンコク(タイ)・・・4%

が挙げられていますが、それでもわずか4%。一方で驚きの日本の場合は、

東京・・・30%

という数字に・・・。上海の15倍、ホーチミンの30倍の割合ですね。

 

2:副業をしている人が少ない

海外で不思議がられる・・・東京に住む人々の共通点3選

日本に暮らしている日本人の感覚から行くと、なんとなく“仕事は1つ”といった暗黙の了解がありませんか?

最近は副業を認めるベンチャー企業の存在などがニュースで取り上げられていますが、ニュースで報じられる理由はレアだから。やはり「副業なんてしていないで、本業に専念しろ・・・」といった空気があるような気がします。

しかし、そんな風に働いている人は東京(日本)の人たちだけかも・・・!? 「あなたの世帯に“副収入”のある方はいますか?」との問いに対して、「ない」と答えた人の割合は、

東京・・・69%

と過半数を超えています。一方でアジアの大都市の暮らす人々は「No」の割合が、

北京・・・19%
上海・・・13%
広州・・・13%
ジャカルタ・・・13%
ハノイ・・・13%
マニラ(フィリピン)・・・19%

とかなり低いと分かります。副業による収入がない人(世帯)は、むしろ少数派なのですね。

もちろん質問は「あなたの“世帯”に副収入のある方はいますか?」。一人暮らしの比率が高い東京の人と違って、アジアの大都市では同居している“誰か”が副業をしているのかもしれません。しかし、副業は副業。本人を含めて誰かは副業をしているのですね。

そう言われてアジアの大都市に暮らす友人を思い浮かべてみると、例えばテレビ局で働きながら海外旅行のツアーガイドをしている人や、建設業に従事しながら作詞の仕事で収入を得ている人などが思い出されます。

本業だけでは十分に食べていけない環境も一部にはあるのかもしれませんが、仕事に対する姿勢が、アジアの人はより柔軟なのかもしれませんね。

 

,,,,,,,, | 豆知識

海外で不思議がられる、東京に住む人の暮らし3選〜欲しいものがない!?〜

Jun 9th, 2016

3:高級品を欲しがらない

海外で不思議がられる・・・東京に住む人々の共通点3選

冒頭の調査をみると、東京(日本)の人はアジアの大都市に暮らす人々と比べて、極端に物を欲しがっていないと分かります。

例えば高級腕時計を「3年以内に購入したい、買い替えたいと思うか?」との質問に、「Yes」と答えた人の割合は、ほとんどの大都市で3割~4割に達しています。しかし東京の場合は1割程度・・・。

ブランドバッグに関して欲しい人の割合を見ると、ベトナムのホーチミンとハノイ、インドネシアのジャカルタ、インドのムンバイなどで4割を超えている一方、東京では1割程度。

むしろ東京に暮らす人は、5割近くが「バッグも時計もアクセサリーも何も欲しくない、買い替える予定はない」と答えています。他の大都市で「何も欲しくない」と答えている人の割合は、1割を切っているケースの方が圧倒的に多いです。

「もう、既に持っているからじゃない?」と疑いたくなりますが、「あなたの世帯に属する人が所有している高級アイテムは?」との質問に対し、東京の人は バッグも腕時計もアクセサリーも2~3割の人(世帯)しか持っていないと分かります。アジアの大都市に暮らす人と同程度か、むしろ少ないレベル・・・。

家電などの耐久消費財でも一緒です。「ホームシアター、一眼レフカメラ、ゲーム機などを3年以内に(世帯の誰かが)買う(買い替える)予定は?」との質問に、東京に住む6割の人が「どれもない」と答えています。

一方でインドのデリーやムンバイ、インドネシアのジャカルタ、ベトナムのハノイやホーチミンなどに暮らす人の場合、「どれもない」の回答は1割を切っています。

海外で不思議がられる・・・東京に住む人々の共通点3選

以上、アジアの大都市に暮らす人々と比べて、東京の人が異なっているポイントをまとめましたが、いかがでしたか?

それ以外にも気になる数字として、幸福度の違いも挙げられます。「あなたは幸せですか?」との問いに対する幸福度を点数化すると、日本は最下位。「とても幸せ」「幸せ」の比率はわずかに40%と数値が出ています。特に「家計の状況」「仕事の状況」「地域の人間関係」「家族関係」に関して満足度が低いようです。

例えばインドのデリーやムンバイの人は、「とても幸せ」「幸せ」と感じる人の割合がそれぞれ90%と87%。インドネシアのジャカルタの人も88%。北京の人は61%、上海の人は65%です。

東京に暮らしながらいまいち幸せを感じられない人は、「幸せ!」と言い切っている人々の国に、一度遊びに出かけてみるといいかもしれませんね。

海外で不思議がられる・・・東京に住む人々の共通点3選

「なんて素晴らしい国なんだ」 3週間日本に滞在した外国人が本気で作った映像記録が神すぎる 【海外の反応】

This film is a collection of audiovisual moments and memories of a 3-week railway journey through Japan in 2015. We were whizzing through the country with the Shinkansen visiting Tokyo, Osaka, Hiroshima and Kyoto as well as lots of wonderful little places along the way, meeting the most friendly people and experiencing a culture that somehow balances its rich tradition with a very futuristic present.

Directed by: Vincent Urban
facebook.com/vincenturbanfilms
instagram.com/vincenturban
Filmed by: Vincent Urban, Alex Schiller, Alex Tank
Edit & Sounddesign by: Vincent Urban
Grading by: Alex Schiller

Thanks to:
Ryan Emond (thanks for Karaoke and filming some drone-stuff with us)), Oliver Würffell, Laia Gonzales, Diether Kerner, Hideyuki Yoshizawa

Filmed with Sony a7s and Canon 5D Mark III RAW

Music:
PORC #1
performed by MODERAT
Musik: Sascha Ring, Gernot Bronsert, Sebastian Szary
© Random Noize Musick, Monkeytown Music
Courtesy of Budde Music und der Sony/ATV Music Publishing (Germany) GmbH

PORC #2
performed by MODERAT
Musik & Text: Sascha Ring, Gernot Bronsert, Sebastian Szary
© Random Noize Musick, Monkeytown Music
Courtesy Of Budde Music und der Sony/ATV Music Publishing (Germany) GmbH